メッセージ欄

分類 【作品紹介】 で検索

一覧で表示する

古代の花とんぼ玉からモザイクへ

微妙な色合いや質感を表現できるこの手法での制作は、次のモザイク制作へと引き継がれました。

u180105.jpg

この花モザイク玉はパーツ内の点の一粒一粒が、はっきり見えるよう作られています。



...こちらから、CO展にて開催中です。
2018/01/10 16:17 Update

サボテンから古代の花とんぼ玉へ

「サボテン」の制作で用いた、微細な点を集合させて独特の質感を生じさせるという手法はその後の「古代の花とんぼ玉」へと引き継がれます。

171231.jpg

この玉は2001〜2002年のもので、地肌、花、葉などはその方法で作られています。
微妙な色合いと質感を持った出来上がりに歓喜しました。
2017/12/31 21:30 Update

サボテン

171229.jpg

1999年、サボテンの試作を始めた当初、まずは表面の質感をどう表現するかを考えました。
単純に不透明の緑色一色ではのっぺりとしてしまい全く面白くありません。
そこで、微細な緑色の点を集合させてみたらどうかと作ってみたものがこれです。
緑色の点の周りは白色としました。

これとは別に、周りを別のトーンの緑色で囲ってみたこともあったのですが、
縮小されると二種の緑色の差異が感じられなくなり、
ただの一色となってしまいました。
2017/12/30 20:32 Update

サボテン

171227.jpg

1999年ごろに初めて制作し発表しました。
この画像は2000年12月にギャラリー紀楽で行った個展のときのものです。

「サボテン」制作に用いた手法は
その後の「古代の花とんぼ玉」「モザイク」などの創作に大いに役立ちました。
そしてそれは連綿と続いています。

「サボテン」制作で培った表現方法、技術は大きな財産となりました。
2017/12/27 22:18 Update

昔の吹きガラス作品

ss005.jpgss006.jpg

「ウミウシ」です。
1992年のもので、この頃は吹きガラス、
パートドヴェール、バーナーワークの三本立てで
活動してました。

15日の夜に、ビエンナーレに出すもの、2Hのもの、ギャラリーもみの木に
出展するものの撮影を行う予定です。
済みましたらホームページ上で紹介させていただきます。
2017/11/13 22:44 Update
 Home